ダイエットの為?顔がコケた?

食事制限的なダイエットしています。それで体重は少し減ったのですが『疲れた顔やな。やつれたって感じやで。』と言われる様になりました。ダイエットのため顔がコケてしまったせいなのか?

確かに、顔がやつれた感はあります。自分でも自覚出来る位。顔色も余り良いとは言い難いかな。一番思うのは、もともと頬骨が出てるので痩せるとコレが目立ってしまう事も原因の一つなのかも。
自分の顔を鏡で見ると毎日の事なので気がつきにくい。たまたま写真を貰った時、自分の顔を見てビックリ!かなり顔がコケてる様に見えたんです。

こんな顔だったなんて。。。とショックを受けてしまい、ダイエットも何となく気が薄れてきてしまう状態。綺麗に成れていないなら、している事に意味は有るんだろうかって。

顔が健康的な感じで痩せられる方法無いかな。適度な運動でもナカナカ続かないので運動系統でないダイエット方法が良いんだけどな。健康=運動って感じだから難しいのかなぁ~。

睡眠は大事

若い頃はよく寝ました。
学校が休みとか部活が休みとか一日中でも寝ていられるくらい。
若いから寝れるのだと思ってました。

でも大人になっても、寝るが好きなのです。
就寝時間は早いのに、起きるのは遅い。
子どものお世話とか夫の弁当とか作らなきゃいけないのに眠い、そんな毎日です。

睡眠って人間の人生の中でかなりの時間を使っています。
美容や健康とは切り離せないのが睡眠です。
寝ることはとても大事なのですが、その中身が重要なのです。
質の良い睡眠をとることが美容や健康への第一歩です。

睡眠は体を休め、”成長ホルモン”によって細胞を修復する重要な時間です。
この”成長ホルモン”は寝てから3時間の深い睡眠時に出ることからぐっすり眠れると効果があります。
しかし現代の社会では仕事が忙しいなどということから睡眠時間が取れない、眠れないという
人も多くいます。

不規則な食生活、ストレスなども原因の一部になります。
ここちよく眠るという美眠を工夫することが必要です。

様々な不良睡眠として、眠りたいが眠れないという症状があります。
夜勤勤務などで、眠る時間が不規則になったり、強制的に生活リズムが乱されている場合に
なるそうです。
やはり太陽の光を浴びてから目が覚める、部屋を暗くして眠りにつくという人間の体のしくみを
変えることはできません。

寝る時間が不規則な人は、遮光カーテンを使ったりして光をコントロールすることも必要です。
人が眠くなるのは”メラトニン”というホルモンが分泌されることによって促されます。
これは夜寝る前に部屋を暗くしたり、テレビを消したりすることで分泌されやすくなるそうです。
間接照明は暖色系のオレンジなどが好ましく、日本人はさくら色もいいそうです。

また寝る前にコーヒーなどのカフェイン飲料を飲むのも、脳を覚醒させるということで、美眠を
妨げます。
また成長ホルモンは夜の10時から2時までに多く出るそうです。
脂肪を燃焼させる”コルチゾール”は朝方のレム睡眠のときに多く出るので0時までには眠りに
つきたいですね。
また、今睡眠グッズも人気が出ています。

固めのマットレスや自分の体に合った枕を使うことで、寝ているときの姿勢を良くして
体の負担を減らします。
体に合った寝具を使わないと体のゆがみの原因になったり、むくんだりと不健康になったりします。
自分の睡眠時間や睡眠の質、寝具を見直してみて、気になることがあった場合は改善してみると
美眠になり、体もお肌も快適になりますよ。

やっぱり効果あるのかな

エステやマッサージも人気ですが、体を鍛えたりダイエット目的でジムに通う人も多いですよね。
需要が増えているのか、お店も続々と出来てきています。
女性専用のジムもあったり、マンツーマンのジムもあったりします。

女性専用のジムは男性がいないことにより、すっぴんで思いっきり打ち込めたり、男性の目が気になる人にはとても落ち着く空間であることは間違いないです。
ダイエット目的だとどうしても他人の目が気になるから、異性がいるとやりにくいですよね。

そしてその他人の目が同性でも気になるという人のためのものが、マンツーマンのジムです。
これは他人の目が気になるということ以外にも、トレーナーが専属で専門的にアドバイスを
くれたりすることで、トレーニングの内容が濃密に効果が出ることもあります。
本格的に筋肉をつけたい男性や切羽詰まったダイエットをしたい女性などにはうってつけかも
しれないですね。
ただし、専属トレーナー契約のようなものなので、お値段がやっぱり違ってくると思います。

でも闇雲にジムでトレーニングして大して痩せないのなら、お金払ってでも自分に合った
ダイエット方法を指導してもらう方がいいのではないのかな、と思います。
私も様々なダイエットを試していますがどれも効果がイマイチです。
ジムに通っていたときもありましたが、やはり続かないこともありました。

専属のマンツーマンジムなら、通わないといけないですし、自分に合った一番よい方法を
プロが考えてくれるから効果が出そうかなと思っています。
http://www.rizap.jp/
これは健康にもつながるからいいことですよね。
一度行ってカウンセリングだけでも受けてみたいです。

大人でもできるニキビ

大人になってもまさか悩まされるとは思ってもいなかった...ニキビ。
若かりし頃は皮脂分泌過多によるニキビに悩まされたものでした。
アトピー性体質ということもあり、ニキビの治りが悪くて悩んだこともありました。

大人になってあの頃悩んでたなぁとか懐かしく感じていたら、自分の顔にニキビを
発見してしまいました。
大人のニキビは10代のニキビとは原因が違うようです。
10代の油が原因ではなくて、乾燥が原因のようです。
乾燥すると毛穴がふさがりやすくなります。
そして皮脂が詰まりやすい状態になってニキビが出来てしまうというわけです。
また社会的なストレスや仕事の疲れ、メイクオフの時間が遅いなど様々な原因も
考えられます。
普段あまりお化粧をしない人が急に栄養分の多いクリームなどを塗った場合でも
ニキビが出来るということもあります。
肌に過剰な油分が入ってしまうことが要因です。
有名な話ですが、出来てしまったニキビを潰すのはご法度です。
専用の炎症止めを塗れば軽いものなら一晩で治ります。
もし治らなくても油分や刺激の少ないコンシーラーで隠すなどして
なるべく自然に回復を待つのがいいですね。
しかしニキビだからといって、化粧水などのスキンケアを怠るのもまずいです。
油分の少ないもので肌をなるべく乾燥させないことも大事なのです。
皮膚科で薬を処方してもらうというのもいいですね。
http://www.jocd.org/
なんにせよ、ニキビを作らない生活習慣が一番大事かもしれないですね。

脱毛はエステ派が多ような気がします。

私の周りで脱毛している人は、エステでしている人が多いけど、ネットを見ているとクリニックの方がいいと書いてあるのが多いのはどうして??
私の友達や会社の人で、脱毛をしている人がいるのですが、大体エステサロンで脱毛している人が多いです。

ネットで脱毛をいろいろ見ていると、脱毛はクリニックでする方がお勧めみたいな事がよく書いてあります・・・口コミを見ても、クリニックの批判はあまり見ない気がしますが、エステサロンの批判は結構載っています。⇒http://脱毛したい不安.com/

クリニックだとお医者さんがしているというのもあるし、料金面でもクリニックなら、どこのクリニックでも大体同じくらいの価格ですが、エステサロンだとサロンによって価格もまちまちなので、よく調べずに行ってしまったりすると、損している場合もあるからなのでしょうか?

私も、以前でレイビスでワキの脱毛をしましたが、その頃は近くにそこしかなかったし、病院で脱毛出来るなんて知らなかったので、そんな事も気にせずにそのサロンに通っていました。

価格は、高かったのか安かったのか、よく解りませんが脱毛の技術に関しては、特に問題もなく、脱毛してから、全然はえてきていないし脱毛してからは、ワキを1度も剃った事がありません!?
ということで結構気に入っているんですけど、そこそこ評価されているみたい。

でももし、あの時にクリニックの事を知っていたら、もっとどこに行こうか迷っていたかもしれません・・・

にんじん食べてますか

何気に身近な食材であるにんじん。
主役になることは余りないけれど、常に脇役の常連だったりもする。
そんなにんじんの役割とは何なのでしょう。

まずは鮮やかな彩りということがあげられます。
食事をする際には見た目の彩りの鮮やかさが大事になります。
またその色によって栄養素も異なるので、なるべくたくさんの種類の色の食品を
食べた方が良いことになります。

そんな赤い色がとってもきれいなにんじんの効果とは何なのか。
まずは抗酸化作用のあるβ-カロテンが非常に豊富に含まれているということです。
このβーカロテンとは、色素の成分です。

抗酸化作用があり、活性酸素を除去してコレステロールの酸化を抑えます。
このことが動脈硬化の予防に効果があり、抗がん作用もあるといわれています。
にんじんの1/4本で青じそ30枚分もの基準量が取れるそうです。

しかも生やゆでて食べるより油と一緒にとるのが効果的なのだとか。
脂溶性なので吸収率が上がります。
なにより驚きなのは皮はむかずに食べるのがいいのです。

外側に栄養や旨味が凝縮されているので、むかずに食べてより栄養を吸収したいものですね。
選ぶなら鮮やかで軸の小さなものがよいとされています。
内側の芯にはカロテンも旨味も少ないので、芯と繋がっている軸が小さいものがよいのです。
また保存方法は、夏場は冷蔵庫がよいですが、冬場だと冷暗所がいいそうです。
湿気と乾燥に弱いので新聞紙とビニール袋で保存することによって、カロテンも旨味も増します。

ビオレの貯水ケアってどんなの?

ビオレのジェル化粧水って最近CMでよくみるけど・・・気になるよね。
なんか口ずさんでしまうメロディーだよね。

どうやら、水分を与えるだけではダメみたい。
水分をたっぷり与えて、尚且つ水分を閉じ込めないと乾燥にはうちけてないそうです。
私は果たして閉じ込めているだろうか?とちょっと不安になりました。

ビオレのジェル化粧水は、肌に水分を浸透させて閉じ込めるので安心なんだって!
http://www.kao.co.jp/biore/
水分を浸透させながら、肌の上に膜を形成できるので閉じ込められるんだって。

ふつうは化粧水と乳液だけど、ジェルにしたことによってきっと1本でケアが出来ちゃうんだろうな。
素晴らしい化粧水だ。

あっ、今まであったオールインワンみたいな感じなのかな?
ジェル化粧水というと新感覚な感じだけど、オールインワンと同じような感じであれば名前が違うだけか・・・・・。
でもボトル状の方が使いやすい。
一度オールインワン使ったけど、いちいち付属のスパチュラですくうのが面倒だったんだよね。
ボトルならば、ひっくり返してボトルを押すだけだよね。

Ringbinder theme by Themocracy